食中毒が起きやすい時期になりました。ならないための対策をしましょう。
ポイント
・しっかり加熱
・香辛料や酢を利かせて
・小分けカップ活用して汁気が移るのを避ける
・お弁当箱を消毒

 気温も湿度も上昇する季節の弁当作りは、何より食中毒対策が欠かせない。江上料理学院講師の綱淵礼子さんは、「食材は中までしっかり加熱し、調理後には十分に冷ましてから詰めることが大切。味付けは濃いめに」と話す。

 食中毒対策は、いかに細菌を付けず、増やさないようにするか、が基本。弁当は作ってから食べるまでに時間があるので特に気遣いが必要だ。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6243266
0615

コメントを残す