前回は陰陽についてお話をしました。

今回は健康における陰陽です。

人間も物も全て陰陽で出来ていると考えたとき、摂取する食料も陰陽なのでどんな陰陽のバランスの食事を摂るかが大切になってきます。

食材によって陰陽のバランスが実は違うからです。
例えば、野菜だけでみても根菜類など地に埋まっている食材は陽のものが多いですし、トマトや枝豆など宙吊り野菜は陰の気のものが多いのです。

つまり、身体の状態が陰陽どちらに傾いているかによって食べた方が良い食材が変わってくるということになります。

一般的には加工品や食品添加物は陰のものが多いので、外食やコンビニ食、加工食品が多い方には陽の食材を出来る限り食べた方が健康になるためのバランスが取りやすくなります。

このように食材を選ぶ先にも栄養素やカロリーだけでなく陰陽のバランスも含めて考えることが健康にとって大切なことのひとつとなります。
0612

コメントを残す