総合健康学とは
“2つの心と2つの身体のバランスメソッド”
という話をしてきました。

私は、薬科大で東洋医学(漢方)の勉強をして製薬会社で西洋医学の勉強をし、独立してから予防医学の勉強をしました。

この東洋医学、西洋医学、予防医学を学んだときに全てを網羅したと思ってしまいました。

が、健康に携われば携わるほど医学だけでは人は健康になれないということに気がついたのです。

つまり、メンタル(心)の分野も大切だと心理学だけではなく志、夢や目標など生きる糧があるかどうかも大切と学びました。

そして、心身ともに健康とコンサルティングをしていましたが、また壁にぶつかりました。
肉体的な健康やメンタルをケアしても原因不明な病があるということに

そんなときに気(エネルギー体)のことを詳しく教えて下さる先生達に出逢ったのです。
エネルギー体を知ったときに衝撃を受けました。そして、まだまだ自分の知識は足りないと感じました。その後、エネルギー体の勉強をしてセミナーを通して総合健康学が完成したのです。

私が総合健康学を通して知って貰いたいことは
・健康になるためには原因を見つけて対策しないとならない
・悩みや病にクローズアップし過ぎることなく一歩いや二歩引いた所からも自分の健康を見つめてみる
・自分らしく生きていられることが真の健康である
ということです。

これから、ブログを通してもこの想いが少しでも伝えることが出来たら嬉しいです。

0406

コメントを残す