カテゴリー別アーカイブ: シーズン情報

インフルエンザは人に移すリスクがあるので罹った人はルールをもとに登校しましょう。

 「インフルエンザにかかった子どもは、いつから学校に行っていいの?」。小学生の息子を持つ福岡県内の女性(42)から、西日本新聞の特命取材班にメールが寄せられた。保護者の間でも情報がばらばらで、よく分からないという。患者数が過去最多を更新、休校や学級閉鎖も相次ぐインフルエンザ、病後の登校に決まりはあるのか。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6270932

l_01

食中毒が起きやすい時期になりました。ならないための対策をしましょう。
ポイント
・しっかり加熱
・香辛料や酢を利かせて
・小分けカップ活用して汁気が移るのを避ける
・お弁当箱を消毒

 気温も湿度も上昇する季節の弁当作りは、何より食中毒対策が欠かせない。江上料理学院講師の綱淵礼子さんは、「食材は中までしっかり加熱し、調理後には十分に冷ましてから詰めることが大切。味付けは濃いめに」と話す。

 食中毒対策は、いかに細菌を付けず、増やさないようにするか、が基本。弁当は作ってから食べるまでに時間があるので特に気遣いが必要だ。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6243266
0615

寒さと暖かさの差を出来る限りなくしてアレルギー反応を抑えましょう。

寒暖差アレルギー対策のため,寒い日はマフラーなどで首から上の保護を

 季節の変わり目である3月は気温の差が激しく、「寒暖差アレルギー」が発症しやすい時期です。この時期はスギ花粉の飛散も始まりますが、花粉症などのアレルギーと関係はあるのでしょうか。筑波大学付属病院臨床教授、加藤士郎さんに聞きました。

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6232075

0306

花粉症の方にはつらい時期となりました。免疫能力を上げると減感作することができます。

東京都は、スギ花粉の飛散が11日から始まったことを確認したと発表した。
スギ花粉の飛散開始が確認されたのは、杉並区と北区、大田区、青梅市、府中市。
例年と比べて5日早く、2016年より2日早い飛散開始となった。
2017年の花粉総数は、2016年と同じぐらいの見込みで、花粉の飛散が「多い」日は、都内平均で28日程度と、例年とほぼ変わらないと予想されている。
都は、マスクや眼鏡を着用することや、花粉の飛散が多い日は、外出を避けるなどの対策を呼びかけている。

original6_05

今日は節分ですが小さなお子様の豆での窒息などの事故にお気をつけ下さい。

 乳幼児が豆を食べて窒息するケースがあることから、消費者庁は節分にあわせ、「3歳ごろまでは乾いた豆やナッツ類は食べさせないでほしい」と注意を促している。

 消費者庁が30(昨年末時点)の医療機関から得た情報によると、0~3歳が豆やナッツ類を食べたことで起きた事故は、2010年12月からの6年間で二十数件発生。半数以上のケースで入院が必要だった。

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6229031

0203