カテゴリー別アーカイブ: 総合健康学コラム

2013 7月25日 投稿
総合健康学コラム VOL2

今回は頭痛が起こる原因の根本について考えていきたいと思います。

前回のコラムで、頭痛が起こる原因の根本には、血の巡りの悪さと氣の巡りの悪さがあるとお話をしました。

血の巡りの悪さについては何と無くイメージがつく方が多いとは思いますが、実は血の巡りが滞ることによる悪さと血の巡りが良すぎることによる悪さがあるというのをご存じでしょうか?

血の巡りが留まるというのは、よく言う「コリ」ですね。肩こりや首のコリが元で頭痛が引き起こされるのです。
これは『緊張型頭痛』に多く見られる原因となります。

そして、血の巡りが良すぎることによる頭痛とは、脳内の血管に血液が流れ過ぎて、ズッキンズッキンと痛む頭痛のことで、いわゆる『片頭痛』のことなのです。そのため、コリをほぐしても片頭痛は改善されないことが多いわけですね。

次に、氣の巡りの悪さについてお話をしましょう。中国4000年の歴史の中で作り上げられたきた医学を中医学と言います。中医学では、人は、氣の流れが乱れることが病気につながるという考え方があります。
人の身体には「氣の流れ」というものが大きく分類して20本あり、そのうち内臓と関わりを持っている流れが12本と考えられています。この流れを「経絡」(けいらく)と呼び、そのポイントになる部分を一般的にもよく聞かれる「ツボ」(経穴)と呼ばれるものです。

この氣の流れの悪さにより、頭痛が起きると考えられています。そのため、頭につながる流れのツボを押すことにより、頭痛は改善されるのです。

つまり、頭痛とは血の巡りという視点と氣の巡りという視点の両方から見ることが出来るのと同時に、その対策も出来るということになりますね。

ではその実際の対策については、次回のコラムでお話をしていきましょう。

file0001502390566

2013 7月18日 投稿
総合健康学コラム Vol1

日本総合健康協会では、健康について、色々な悩みをお持ちの方々に、その悩みの根本は何なのか、その悩みを様々な角度から見ながら、あらゆる対策法についての情報を提供していきます。
皆様の健康に、少しでもお手伝いになればと考えています。

第1弾は『頭痛』についてお話をします。

頭が痛いという感覚は、多くの方が悩む非常にポピュラーなものですね。
頭痛にも、いくつかタイプがあるのを、ご存知でしょうか?
まずは、自分のがどのタイプの頭痛なのかを把握してから、対策をしていきましょう。

頭痛には、
1:緊張型頭痛
2:片頭痛
3:群発頭痛
と大きく3つのタイプに分けられます。

それぞれの特徴は、

☆緊張型頭痛
頭が長いこと締め付けられるような痛みがダラダラと継続的に痛む最も多いタイプの頭痛です。原因としては、姿勢の悪さや一定の姿勢を長時間続けている、ストレスなどがあげられます。

☆片頭痛
首元からこめかみにかけてズッキンズッキンと痛んだり、あまりの気持ち悪さで吐き気を伴うことのある頭痛です。女性に多い頭痛でもあり、原因は、ホルモンバランスの崩れ、過度の疲れ、気候の変化、ストレスなどがあげられます。

☆群発頭痛
目の奥が激しく痛み、眠っていても目が覚めるほどの頭痛です。一度、症状が起きると群発地震のように連続して1~2ヶ月痛みが続くことがあります。20~40代の男性に多く、原因は、アルコールの過多、ストレスなどと言われていますが、はっきりとは分かっていません。

以上のように、頭痛といってもタイプがありそれぞれの特徴や原因が違います

しかし、タイプは色々あるなかで、頭痛をもう一歩掘り下げて、その原因を探ってみると、深いところでは実は同じ部分が多いことがわかります。

それは、血液の巡りの悪さと気の巡りの悪さです。
この2つの巡りの悪さが頭痛を引き起こしていると考えることもできます。

どんな悩みもその原因の根本は同じなことが多いのです。
そう言った意味でも、健康の原理原則を知ることが、悩み解決の早道といえるでしょう。

では、次回は血液と気の巡りの悪さについてお話をしていきます。

zutuu