カテゴリー別アーカイブ: 健康にまつわる情報

運動不足が生活習慣病に繋がることが明らかになってきました。運動を生活習慣にできる限り取り入れましょう。

世界保健機関(WHO)は5日、運動不足が原因で命に関わる病気にかかるリスクが高まっている成人が世界で14億人余りに上るとの研究結果を発表した。世界的に運動量は20年近くにわたってほとんど変わっておらず、改善を促している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180905-00000011-jij_afp-int

0406

国立感染症研究所は4日、直近1週間(8月20~26日)の風疹の患者数を発表した。前週の約2倍の84人に上った。流行の兆しがある関東以外でも患者が出始め、新たに3県から感染報告があった。
妊娠初期の妊婦が感染すると、赤ちゃんに障害が出る恐れがある。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180904-00000023-asahi-soci

0905

まだまだエビデンスが揃ってはいませんが、パソコンやスマートフォンを使う機会が多い方は気をつけた方が良いかもしれません。

 携帯電話やノートパソコンの画面を長時間見続けることによって、失明が早まる可能性があるとする研究論文がこのほど、英オンライン科学誌「サイエンティフィック・リポーツ(Scientific Reports)」に掲載された。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00010001-clc_teleg-int

0213

タバコの吸ったあとの衣服や口臭がタバコの臭いまで気にしないといけない時代に突入しました。

喫煙者が吐き出す煙を吸わされる受動喫煙(二次喫煙)の弊害は定着しました。最近、別の場所で喫煙した人の呼気や衣服からのたばこ臭が話題になっています。厚生労働省は「残留たばこ成分」と定義し、医学的には「三次喫煙」という用語が使われています。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00010000-nishinpc-soci

0117

栄養やストレスに対しての正しい知識を付けて健康体でスポーツをしてほしいですね。

 女性アスリートが激しい練習や栄養不足による無月経や疲労骨折などの問題に直面していることを踏まえ、政府は医学支援などに本腰を入れる。

 2年後の東京五輪・パラリンピックでは女子選手の活躍が期待されている。これまでの取り組みで一定の成果も出ており、今後はトップ選手にとどまっていた支援をどう広げていくかも課題だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180722-00000027-jij-pol

0614