カテゴリー別アーカイブ: 健康にまつわる情報

子供は身体が小さいうえに敏感なだけに、刺激の強いものには気をつけた方が良いでしょう。

 コーヒーやお茶などに含まれるカフェインは、眠気覚ましや疲労感の軽減に効果的とされる。ただし、子どもが摂取すると悪影響を受けるおそれもあり、注意が必要だ。

 「子どもは大人よりカフェインに対する感受性が高く、吸収したカフェインを体内で分解するのにも時間がかかります。大人と同量のカフェインを子どもが摂取してしまっていることも少なくありません」。東京医療保健大の神田裕子准教授はこう指摘する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181201-00010000-yomidr-sctch

1203

耐性菌問題は大きな問題です。家畜だけでなく人に対して不必要な抗生剤は今にも完全中止した方が良いのでは?!

 抗菌薬(抗生物質)が効かない耐性菌の広がりを防ぐため、国は豚や牛など家畜の飼料に混ぜて使う2種類の抗菌薬の成長目的での使用を初めて禁止した。多用して家畜の体内に耐性菌ができれば、食品や排泄(はいせつ)物を通じて人にも広がる恐れがあると判断した。人への治療で「最後の切り札」の一つとされる薬が含まれる。ほかの薬への評価も進め、適正使用を促す方針という。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181119-00000013-asahi-soci

1120

がんになるリスクは50%と考えると告知されたいかされたくないか誰もが考えることですね。告知をされるにしても、受け取る覚悟が必要なのかもしれません。
ただ、がんになったからすぐに死ぬとは限りません。
私は肺がんを患って9年、転移して6年してもなお元気で頑張ってる方を知っています。その方は食事・運動など生活習慣改善と免疫力アップがポイントとおっしゃっていました。

 余命告知がなく残された時間を充実させることができなかったとして、がんで死亡した女性の遺族が医師らに損害賠償を求めた訴訟の初弁論が先月末、大分地裁で開かれた。余命や病名の告知を巡ってトラブルとなるケースはたびたびあり、現場の医師らも対応に苦慮している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-00050017-yomidr-sctch

0424

将来は慢性患者の治療も iPS移植、脊髄損傷に光明

幹細胞の再生医療が唯一の治療法として認められる日が近づいて来ています。

 国がこれまでに承認したiPS細胞による再生医療の臨床研究は、薬など他の治療法が存在する病気が対象だった。だが、脊髄損傷は再生しない神経細胞が傷付くことで起きるため、薬では治せない。慶応大の細胞移植は成功すれば唯一の治療法となるだけに、患者の期待は非常に大きい。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-00000503-san-sctch

0129

海外では香りは薬の国もあります。日本も香りの力をもっと利用した方が良いのでは!?

 バラの主要な香り成分「フェニルエタノール」に抗うつ効果があることを、川崎医療福祉大医療技術学部の上野浩司講師(神経生理学)らの研究グループが突き止めた。フェニルエタノールを吸わせたマウスは、ストレス環境下でうつのような状態になりにくいことを確認。精神疾患の新しい薬や治療法の開発につながる成果として期待される。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181109-00010012-sanyo-sctch

1112