朝ごはんは食べるか食べないか。1つの論文が発表になりました。

 「朝食を抜くと体重が増える」という定説のメカニズムを、名古屋大大学院の小田裕昭准教授の研究グループがラットの実験で裏付けた。朝食を抜くことで体内時計に狂いが生じるためという。論文は31日、米科学誌プロス・ワン電子版に掲載された。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181101-00000004-jij-sctch

1101

コメントを残す