アルツハイマーは自分だけでなく家族も影響を受けるので早めに予防や対策が出来たらどんなに良いことでしょう。

 アルツハイマー病の原因とされる物質を早い時期に血液を使って検査する方法を開発したと、国立長寿医療研究センター(愛知県大府市)と島津製作所などの研究グループが発表した。論文は1日付の英科学誌ネイチャー電子版に掲載された。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6270441

brain

コメントを残す