海外では香りは薬の国もあります。日本も香りの力をもっと利用した方が良いのでは!?

 バラの主要な香り成分「フェニルエタノール」に抗うつ効果があることを、川崎医療福祉大医療技術学部の上野浩司講師(神経生理学)らの研究グループが突き止めた。フェニルエタノールを吸わせたマウスは、ストレス環境下でうつのような状態になりにくいことを確認。精神疾患の新しい薬や治療法の開発につながる成果として期待される。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181109-00010012-sanyo-sctch

1112

コメントを残す