人体はまだまだ未知なる力や存在がある。解明仕切れていないが、細分化だけでなく、原点回帰も必要な時期になっている気もする。

人体には全身の細胞と細胞の間に体液で満たされた空洞がある。「間質」と呼ばれ、これまでは単なる結合組織と見なされていた。だが、これを新たな“器官”として扱うべきだという論文が3月27日、科学誌『Scientific Reports』に発表された。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180405-00010000-wired-sctch

0411

コメントを残す