子供は身体が小さいうえに敏感なだけに、刺激の強いものには気をつけた方が良いでしょう。

 コーヒーやお茶などに含まれるカフェインは、眠気覚ましや疲労感の軽減に効果的とされる。ただし、子どもが摂取すると悪影響を受けるおそれもあり、注意が必要だ。

 「子どもは大人よりカフェインに対する感受性が高く、吸収したカフェインを体内で分解するのにも時間がかかります。大人と同量のカフェインを子どもが摂取してしまっていることも少なくありません」。東京医療保健大の神田裕子准教授はこう指摘する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181201-00010000-yomidr-sctch

1203

コメントを残す