木という自然が一番自然に素直に生きているのかも知れません。
人も自然の摂理に反する行動は身体を崩す原因となりかねません。
自然を見て自然に学びませんか。

 晩秋になっても、東日本と西日本の平野部では、紅葉が進まない異常事態が続いている。

 11月上旬の平均気温が、平年より1度以上高く晴天も少なかったためだ。専門家は温暖化の影響を指摘しており、青々と茂るカエデを前に、紅葉の名所ではイベントの時期を変更する動きも出ている。

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6181623

1124

コメントを残す