ついに、花粉が本格的に飛び始めます。マスクなど基本的な対策を。

 気象情報会社「ウェザーニューズ」(千葉市)は20日、関東全域を含む1都14県でスギ花粉の飛散が本格化したと発表した。2月中旬から暖かい日が続いた影響だといい、東京都は昨年より14日、平年より5日早い18日に本格化したという。

 同社によると、今年の花粉飛散量は、前年比で群馬県6・83倍、神奈川県5・64倍、東京都4・26倍、長崎県3・13倍などと予想され、全国的に前年を大きく上回る見通し。

gazou

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190221-00050244-yom-soci

不妊や流産は女性の原因と考えられがちですが、男性にも原因がある可能性も往々にしてあります。

 女性が何度も流産を繰り返すのは、精子の欠陥が原因である可能性があるとの研究結果がこのほど発表された。妊娠後出産にまで至らないパートナーを持つ男性には、そうではない男性に比べて精子のDNA異常が多かったことが分かったという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00010000-clc_teleg-eurp

handsome young adult man

iPS細胞の開発が広がることは再生医療にとって良いことです。再生医療は薬を使わない新たな医療に変わりつつありますね。

 京都大iPS細胞研究所は18日、再生医療で使うiPS細胞の備蓄事業について、研究所の一部門で実施している現在の体制から、公益財団法人などの形で独立させたい意向を明らかにした。事業を将来にわたり、安定して継続させるのがねらい。研究機関である大学とは切り離し、細胞の販売や製造受託などで積極的に収益を上げられるようにしたいという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181218-00000092-asahi-soci

1220

このままでは社会保障制度(国民皆保険)が崩壊しかねません。予防の意識を高めていきたいものです。

 政府の2019年度予算案で、医療や介護などの社会保障費が34兆円台に達し、過去最高を更新することがわかった。18年度当初予算(32兆9732億円)から大幅に増える。高齢化に伴う伸び(自然増)が5000億円程度に上るほか、19年10月の消費税率10%への引き上げに合わせて実施する幼児教育無償化などの社会保障充実策が1兆円程度盛り込まれるためだ。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6306185

Hand arranging wood block stacking with icon healthcare medical, Insurance for your health concept

子供は身体が小さいうえに敏感なだけに、刺激の強いものには気をつけた方が良いでしょう。

 コーヒーやお茶などに含まれるカフェインは、眠気覚ましや疲労感の軽減に効果的とされる。ただし、子どもが摂取すると悪影響を受けるおそれもあり、注意が必要だ。

 「子どもは大人よりカフェインに対する感受性が高く、吸収したカフェインを体内で分解するのにも時間がかかります。大人と同量のカフェインを子どもが摂取してしまっていることも少なくありません」。東京医療保健大の神田裕子准教授はこう指摘する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181201-00010000-yomidr-sctch

1203