運動不足が生活習慣病に繋がることが明らかになってきました。運動を生活習慣にできる限り取り入れましょう。

世界保健機関(WHO)は5日、運動不足が原因で命に関わる病気にかかるリスクが高まっている成人が世界で14億人余りに上るとの研究結果を発表した。世界的に運動量は20年近くにわたってほとんど変わっておらず、改善を促している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180905-00000011-jij_afp-int

0406

国立感染症研究所は4日、直近1週間(8月20~26日)の風疹の患者数を発表した。前週の約2倍の84人に上った。流行の兆しがある関東以外でも患者が出始め、新たに3県から感染報告があった。
妊娠初期の妊婦が感染すると、赤ちゃんに障害が出る恐れがある。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180904-00000023-asahi-soci

0905

まだまだエビデンスが揃ってはいませんが、パソコンやスマートフォンを使う機会が多い方は気をつけた方が良いかもしれません。

 携帯電話やノートパソコンの画面を長時間見続けることによって、失明が早まる可能性があるとする研究論文がこのほど、英オンライン科学誌「サイエンティフィック・リポーツ(Scientific Reports)」に掲載された。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00010001-clc_teleg-int

0213

タバコの吸ったあとの衣服や口臭がタバコの臭いまで気にしないといけない時代に突入しました。

喫煙者が吐き出す煙を吸わされる受動喫煙(二次喫煙)の弊害は定着しました。最近、別の場所で喫煙した人の呼気や衣服からのたばこ臭が話題になっています。厚生労働省は「残留たばこ成分」と定義し、医学的には「三次喫煙」という用語が使われています。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00010000-nishinpc-soci

0117

今年も日本総合健康協会主催の総合健康学フェスタを開催することになりました。
全15ブースで健康のプロフェッショナルが様々な施術やサービスを提供します。
ぜひ皆様お越しください。

総合健康学フェスタ2018ブース

【食の分野】 
『オプティマムファスティング(不定愁訴の体質改善)』坂田武士

『体験!オステオパシー施術』佐藤行央

『陰陽バランス食で冷え対策!!』やまうちはるな
 
『アトピーカウンセラーがお伝えする、 皮膚トラブルの対処法~キネシオロジーで身体を知る~』川浪さくら

【気の分野】  
『ヨガで巡らすピュアなエネルギー』nanae

『アーユルヴェーダ体質診断』新倉亜希

『ジェモセラピー(植物のつぼみのエキスを飲んで心とからだを整える)』盛山葉子

『自然治癒力を正常な状態に導く、天啓より授かったヒーリング天啓気療』北沢勇人

【心の分野】 
『身心健康運アップ!開運占い』遠藤裕行

『人生を変えるメイク術 ポイントメイクの魔法で誰でも愛され顔に』平川ゆり

『クリアな意識を垣間見る、顎位・量子場調整』中村仁美

『アクセスバーズ™ 脳デトックス』木田時輪

【総合健康学】 
『気力値チェック&ヘルスケアドッグ』天野智樹

【特別協賛】
『星くらジビエ イートインショップ』岡村絵里

『靴から考える健康学』渡辺晋仁

2018_banner