今までは取り入れる“気”の話をしてきました。

今回からは、”放っている”気をコントロールする方法についてお話をしていきましょう。

人間は気で出来ているという考え方から人間の内側(中)にある気がどんな状態であるかが大切になります。

その内側の気が自分自身の雰囲気をつくっているので、当然のことながら、内側の気を整えると雰囲気が良くなります。

では、内側の気とはどのようなものなのでしょうか。
言葉では表現しにくい部分ではありますが、良い気の状態を言葉であえていうなら
・気分が落ちている状態
・気力に溢れている状態
ということになります。
つまり、“気分”といった心の部分と“気力”といった身体の部分がともに落ち着き、かつ充実しているときが良い気の状態となり、
周りからは素敵な人といった雰囲気となるのです。

では、どのようにして雰囲気の良い状態を作るかについては次回お話をしていきます。

まずは、心と身体の気を整えて雰囲気の良いオーラをまといましょう。
0622

コメントを残す