若い世代はタバコの害をかなり認識していますが飲食店の禁煙に対しての大人の反応は?!

 中高校生の喫煙率や飲酒率がここ5年間で大きく減っていることが長野県の調査で分かりました。高校1年生男子の喫煙率の場合、5年前の100人中3.5人から0.3人へ大幅減。国や地域での禁煙論議や喫煙環境の法規制の動きといった社会情勢や学校、家庭の強い指導などを反映しているのではないか、と同県は見ています。かつては高1男子の18%、5人に1人近くがたばこを吸っていたのと比べても大きな変化が続いています。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6244901
0628

コメントを残す