新しい不妊治療がスタートしました。が、どこまで人が関わって良いのか考えないと行けない時代になっています。

 母親本人の卵巣から採取したミトコンドリアを卵子に自家移植する新たな手法で、女性4人から5人の健康な子どもが生まれたと、大阪市の不妊治療施設が21日発表した。だが、施設側はミトコンドリアの移植と妊娠・出産との因果関係などの詳細については「説明できない」としており、専門家からは、効果や安全性への疑問の声が上がっている。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6244158
133749a25e4ebb88be63d47a51ee266f_s

コメントを残す