治療の幅が広がることは良いこと。さらに、治療する必要のない生活習慣の徹底も同時に推進していって欲しい。

 妊娠中の女性には処方しないとされている医薬品が順次、使えるようになる見通しとなった。妊娠中の一部の禁忌薬について、厚生労働省が初めて処方を公式に認める方針を固めた。薬事・食品衛生審議会での検討を経て、薬の添付文書を改訂するよう製薬会社に通知する。第1弾として免疫抑制剤3品目の添付文書が改訂される見通しで、その後も対象は拡大する予定。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6243716
0619

コメントを残す